千葉市中央区宮崎町  京成千原線千葉寺駅近く しんかわ歯科クリニック  一般歯科・小児歯科・小児矯正・審美歯科・予防歯科

しんかわ歯科クリニック

千葉市中央区宮崎町47−118  ☎043(268)6660
ホーム > 大きな、大きな、お二人。


 大きな、大きな、お二人。
投稿:院長
 この春、しんかわ院長にとって大きな人物が、相次いで旅立たれました。
 立花隆さんと藤田紘一郎先生です。

 立花隆さんは、いくつもの有名な著書のある言わずと知れた本物のジャーナリストです。 
 しんかわ院長は、その中でも「精神と物質」という本が気になって改めて読み始めています。日本人として初めて、しかも単独でノーベル生理医学賞を受賞したマサチューセッツ工科大学教授の利根川進先生への合計20時間に亘るインタビューをまとめた本です。
 先日の読売新聞には、立花さんを追悼する利根川先生の文章が掲載されました。一流の人間同士、分野は違えど通じるものがあったのではないでしょうか。
 今はコロナで免疫が云々という話が多くされますが、人体は未知の外敵に対して柔軟に免疫力を発揮することができますよね。利根川先生はマウスを使って「生物はDNAにプリントされた固有で不変な有限個の形質を生まれ持つだけなのに、なぜそれほど多くの未知の外敵に対応する抗体を生産できるのかと」いう免疫機構の多様性の謎を、分子生物学を用いて遺伝子レベルで解明されました。100年に1度の画期的な成果を挙げられたのです。一介の歯科医に過ぎない僕にも、その凄さは理解できます。その凄さを、高校で生物を履修したくらいの知識で分かるようにインタビュー形式で解説してくれます。ある事柄を自分が理解するのと、それを素人に分かり易く解説するのはまた別物で、その伝える立花氏の才能が素晴らしいし、インタビューする前の事前予習が凄まじく、これぞプロという感じです。まあ、僕などが評するまでもありませんが。
 そういえば、もう20年以上前になるかな、利根川先生と、これまた超有名な建築家の安藤忠雄さんの鼎談をリアルタイムで拝聴したことがありました。演題は「クリエイティビティとは何か」というものだったと思います。どうしたら独創的な発想ができるか。非常に興味深かったのを、当時のメモと共によく記憶しています。それも一緒に読み返してみたら面白そうだなあ。日頃の臨床に何か役立つといいな。

 もうお一人は、寄生虫学の大家であった東京医科歯科大学名誉教授、藤田紘一郎先生です。僕とは同じ大学で、しかも柔道部の先輩にあたる方でした。寄生虫であるサナダムシを自分の腸内で「○○ちゃん」って名前を付け15年も飼い続けたというユニークな研究者です。時折TVにも出演されていましたので、ご存じの方もいるかもしれませんね。
 先生には、大学の千葉県同窓会でご講演をいただいた際に、当時その担当だった自分は随分親しく接して頂きました。温和でお話が楽しく、尊大さなど微塵もない素敵な方でした。そして何冊か著書を頂き、その一冊にはわざわざサインをしてくださいました。僕の宝物です。藤田先生、お世話になりました。本当にありがとうございました。

  

 大きな、大きな、お二人に合掌。  とても淋しい思いです。

2021年6月29日(火)

<< 26年目の始まりです。
2021.4.16
「精神と物質」、読了。 >>
2021.7.4



はじめのページに戻る



しんかわ歯科クリニック
〒260-0805 千葉県千葉市中央区宮崎町47−118
☎043-268-6660

Copyright (c) Shinkawa Dental Clinic All Rights Reserved.